HOME>ホットトピックス>不妊治療の最終的な手段なので慎重に考える必要があります

段階を追う不妊治療

不妊治療を受けて様々な方法を試しても残念な結果に終わってしまった場合、最終的に体外受精まで進むことになります。横浜市内にある不妊治療専門のクリニックでも治療を受けることはできますが、たくさんのクリニックがあるのでしっかりとした実績がある専門のクリニックを受診するようにしましょう。場合によっては体外受精の時点で別のクリニックに相談をする、ということも可能です。

体への負担

体外受精を行う場合、女性はホルモン注射を毎日行い、成熟をした卵子を採卵する必要があります。そのため、体への負担も大きくなってしまいます。横浜市内在住であれば市内のクリニックで相談をしたほうがよいでしょう。毎日通うのはかなり体力的にも厳しい場合があります。

移植のタイミング

体外受精を行うことになったら、女性は体の調子を整えて、最良の日に移植をすることになります。そのタイミングもしっかりとチェックしてくれるので任せてよいでしょう。横浜市内にも親身になって相談に応じてくれるクリニックはあります。

提携をしているクリニック

不妊はとてもデリケートな問題なので、妊婦や子ども連れと同じ時間を共有しないような配慮がされているクリニックも横浜市内にはあります。体外受精を行い、その結果妊娠出来た場合には提携のクリニックを紹介してくれる制度もあります。

広告募集中