命の継続の為に

カウンセリング

出生前診断とは、お腹の中にいる赤ちゃんの健康状態や先天性の異常がないかなどを生まれてくる前に診断するものです。多くはダウン症候群かそうでないかを調べる為に診断をするものと理解されているのですが実はそうではありません。先天性の異常で発見されることが多いのがダウン症候群ということです。出生前診断を受ける場合、その費用は2万円程で診断を受けることができます。子供が出来たら、もちろん親は健康に生まれて欲しいと願うものです。医療が発達し、生まれてくる前に健康状態が分かると知れば子供を思う親心から、それをいち早く知って安心したいと思うのは当たり前の感情でしょう。ただ、出生前診断には問題提起される部分も含んでいます。元々は、赤ちゃんの状態確認ができるという画期的なものとして誕生した診断なのですが、昨今では親が子供の状態を知って妊娠を継続するかしないかの選択の為の診断として使われるケースが出てきました。子供のことは親が決めるのは当たり前のことかもしれませんが、医療現場からすると赤ちゃんの健康の為の診断が、結果的に赤ちゃんの命の継続の妨げになってしまうのはとても悲しいことだったのではないでしょうか。それが存在している以上活用の仕方はそれぞれに委ねられますが、命の継続は大前提として活用されるものとして扱われて行くことを切に願います。赤ちゃんは誰にとっても未来の宝です。

診断は親の愛情

医者と夫婦

出生前診断は費用面から見てもそこまで高額なものでもなく、活用しやすいのが魅力の一つでもあります。子供の健康状態を確認する為に、また何か問題があった場合は、生まれてくる前に赤ちゃんが安心して生きていけるように万全な準備をしておけるメリットと共に考えられたものです。親の愛の強さを感じるものでとても暖かい気持ちになります。出生前診断は割と最近できたものですが、産科などの医療現場だけでなく民間でも診断を受けられるところがあり、費用も更に割安の為人気を博しています。

安さと安心面を考える

お腹

費用が安いというのはメリットに感じますが、もちろん気を付けなければならないところもあります。民間の出生前診断は、科学的な観点のみで診断をしますので体内の成分の数値などから診断をしてくれます。ただ、何か問題があった場合に理由を尋ねてもそれは医療現場でないと分からないと言われてしまうそうです。診断はしてくれるけど詳しいことは分からないので病院へ行ってくださいということで少し不安に感じてしまいますね。そう考えると最初から病院で診断をしてもらって検査の詳細や結果についてなどしっかりと聞けた方が安心です。診断結果だけ分かればいい人には民間の診断で十分の場合もありますので自身で判断するのが良いですね。

広告募集中